Let’sアンケート・小テストの操作例

 

回答者/解答者(以下、回答者)の操作の流れ

 

パソコンなどのブラウザから決められたURL(この例ではhttp://localhost:8080)に

アクセスすると「回答者用の開始画面」(下図)が表示されます。

この画面内の「アンケートに答えます」リンクをクリックすると次の画面に移ります。

 

回答者用の開始画面

 

 

アンケート一覧画面

 

この例では3つのアンケートが公開されています。

(なお、「職業性ストレス簡易調査票(例)」は

厚生労働省のホームページに掲載されているストレスチェック制度の標準的な調査票を

アンケートとして作成した例です)

回答者は「アンケート一覧画面」で回答するアンケートを選択します。

 

 

ここでは、「通勤・通学手段のアンケート」をクリックします。

次に回答用の画面が表示されます。

 

回答入力画面

 

 

 

回答を入力し、送信ボタンをクリックします。以上が回答者が回答するまでの流れです。

 

管理者の操作の流れ

 

管理者(アンケートの実施者)は、最初に決められたURL(ここではhttp://localhost:8080/manager

にアクセスします。

管理者画面を使用するためにはユーザ名とパスワードが必要です。

 

管理者サインイン画面

 

 

サインインが正しく完了すると、次の管理者用メニュー画面が表示されます。

管理者は、アンケート・小テストの回答状況を確認したり、

アンケート・小テストを作成し公開することができます。

 

管理者用メニュー画面

 

 

以下は「回答・解答状況の照会」リンクした場合の例です。

 

回答・解答状況の照会

 

ここで照会したいアンケート・小テストを選択(照会リンクをクリック)します。

 

 

通勤・通学手段のアンケートの回答状況が表示されます。

 

 

ダウンロードすると表計算ソフトなどで読み込んで利用することもできます。

実際には、操作説明書等は無くても直感的に操作して頂けると思います。

次は「集計」リンクをクリックした場合の照会画面です。

 

 

ストレスチェック調査票の例

 

厚生労働省ホームページに掲載されている「職業性ストレス簡易調査票(57項目)」を参考にしました。

すべて単一選択式の設問ですが、複数選択式や記述式の設問も追加できます。

 

途中省略

以上